1. TOP
  2. 病気・症状
  3. マスク政策の有用性



マスク政策の有用性

病気・症状
この記事は約 2 分で読めます。 153 Views

貴重なマスク政策の有用性の研究だそうです。

アメリカにおけるマスク政策とShelter-in-placeの影響の論文がやっと出ました。

【やっと】ですからマスクを勧める立場の人は大変なことがわかります。

 

4月下旬に症例と死亡の週ごとの増加率を10パーセントポイント以上減らし、19?47パーセントも死亡を減らすことができた可能性があることを示唆しています

全国的には5月末までに、これはおよそ1万9千から4万7千人の命を救ったことになります。

アメリカで【1万9千から4万7千人】ということですから、CSCの訂正発表前の数字ですね。※実際のコロナ患者は6%

 


 

これだけでどうかと思ったのですが、あまりにもマスクの害が多く偏りすぎなので、マスクのメリットを紹介しないと・・・

このブログが結論ありきではなく、害が圧倒的に多いというだけです。

 

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • PCR検査には偽陰性がつきもの・FDA

  • マスク開発の研究者がマスクの無意味さを解説

  • イスラエルでワクチン接種してもコロナは減らずw

  • マスク着用による口呼吸、パニック発作に注意

関連記事

  • 医師免許剥奪!ワクチン接種児と非接種児の比較

  • マスクの害がまた証明。カビ菌にバクテリアを増殖

  • 日本の医療崩壊の原因は無症状でも入院させるから

  • マスクは雑巾より汚くなる

  • 悲しきコロナの後遺症・イオ君

  • やっぱりコロナはただの風邪