1. TOP
  2. 健康ニュース
  3. 怖くて打てない・国産ワクチン開発の研究者



怖くて打てない・国産ワクチン開発の研究者

健康ニュース
この記事は約 3 分で読めます。 106 Views

専門家も怖くて打てないコロナワクチン

コロナプロジェクトの中間目標であるワクチン接種。
コロナ脳の人は待ちわびているかもしれませんが、ワクチン開発者の本音は一般市民と真逆の考えのようですね。

 

「自分だったら怖くて打ちたくない」国産ワクチン開発に挑む研究者の“意外な本音”――文藝春秋特選記事

https://news.yahoo.co.jp/articles/ceced199de39799cb57a2c94ba1ef8a4264a5cf7

【ワクチンを打つフリのロンドン市長】

 

打ちたいとは思いません

大阪大学微生物病研究所教授の松浦善治氏である。松浦氏はワクチン開発に携わっているが、「自分だったら今の状況では怖くてとても打ちたいと思いません」

 

コロナワクチンでも、実験段階で重篤な副反応でぞくぞくと中止になっています。でもそもそも感染予防の効果もわからず、重症化も不明。

ワクチンにはそもそも感染防御できるものと重症化を防ぐものがある。呼吸器ウイルスにおいて、感染防御できるワクチンはこれまでになく、さらに終生免役を獲得できるワクチンも今のところないという。

にもかかわらず、さまざまな成分やウイルスを体内に注入することになるので、何が起きても不思議ではないんですね。

 

 

ヤフコメ

怖くてワクチン打てないというのが、当たり前の感覚ではないか?重症化率が低いのにわざわざ感染させるのだから。ウイルスも変異するからワクチンの型が合わないこともあるだろうし。
治療薬と簡易で安価な判定が出来るものの開発の方が大事だと思う。
自分もワクチンは打ちたくない。

 

なる程。ワクチンと聞くと感染予防と思ってましたが、そうでも無いのですね。重症化予防でもいいとは思いますがね。
ワクチン摂取躊躇うのはわかる気がする。十分な実績があるわけでもなく、突貫工事で作られたものだから尚更。中国、ロシアを笑ってられない。
開発されたら、私も摂取しないと思う。やはり副作用が怖い。コロナにも副作用あると聞くが若年は軽そうなのでそのトレードとなるでしょう。

 

地方の医療現場です。
このような記事は少数派のように思います。
マスコミは、ワクチンできたら、コロナ終息。オリンピックだって開催可能。
PCRを拡充したら、診断は、もうばっちり。こう思わせる報道が多いように思います。

ワクチンもPCRも、決して万能ではない。
だからといって、必要以上にコロナを恐れる事もない。
そういう冷静な論調のニュースも多く流してほしいです。

 

知るものは打たず。打つ者は知らず。
これが現在のワクチンの本質でしょうか。

もちろん商売でやってる医療関係者は売らないと生活できないので、ワクチン販売に熱心ですけど。

#ワクチン #文藝春秋 #松浦善治

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 香港もコロナ第3波

  • コロナは死者の多いインフルをウイルス干渉でブロック!

  • 風疹ワクチンのデータ

  • 子どもはコロナから高齢者を守る!

関連記事

  • インフルエンザの予防接種の効果?患者が絶滅危惧種!

  • 新型コロナでは風邪薬は副作用がこわい

  • 幸福度を決めるのは健康と人間関係

  • マスクで話題の玉城デニー沖縄県知事が細菌性肺炎で入院

  • マスクによって感染者数が飛躍的に増加の相関データ

  • メーン州でもマスク着用義務化で感染拡大