1. TOP
  2. 健康ニュース
  3. マスクをすると肺炎が増えるのはエアロゾル化するから



マスクをすると肺炎が増えるのはエアロゾル化するから

他人からの飛沫であれば、仮に受けても肺まで脱することは難しい。

でもマスクの編み目によって飛沫が小さくなり、自分の呼吸で繰り返し呼吸をすることで、ウイルスが肺に達するリスクが高まるってことですね。

マスクにウイルスの感染を予防する【質の高い】科学的根拠はなく、スペイン風邪でもマスク着用によって肺炎が増えた事実ともいっちしますね。

 

マスクを通じて呼吸すると、”nebulization effect(噴霧効果)”が高まる

マスクを通じて呼吸すると、大きな粒子サイズのエアロゾルは小さな粒子サイズのエアロゾルになる。小さな粒子サイズのエアロゾルは、粘膜免疫をバイパスしてより深く、肺の肺胞に到達する。

ワクチン接種の前に知っておくこと・・・
【無料メールマガジンの登録はこちら】

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • あなたはどっち?コロナに感染VSワクチン接種

  • スウェーデンでもコロナワクチン接種の効果は残念な結果に

  • mRNAワクチン発明者、強制接種に反対

  • コロナワクチン接種しても変異ウイルスには効果は期待できず

関連記事

  • おやすみポカリの果糖ブドウ糖液糖はマジでやばい。

  • マスクによって感染者数が飛躍的に増加の相関データ

  • 死亡報告が掲載されず!ワクチン死の隠蔽か!?

  • コロナワクチンを接種する前に読むページ

  • ドイツのマスク着用義務化でわかった、大切な子どもにマスクをしてはならない理由!

  • 不潔なマスクによって発生する真菌性が感染爆発・ブラジル