1. TOP
  2. 健康ニュース
  3. マスクをすると肺炎が増えるのはエアロゾル化するから



マスクをすると肺炎が増えるのはエアロゾル化するから

他人からの飛沫であれば、仮に受けても肺まで脱することは難しい。

でもマスクの編み目によって飛沫が小さくなり、自分の呼吸で繰り返し呼吸をすることで、ウイルスが肺に達するリスクが高まるってことですね。

マスクにウイルスの感染を予防する【質の高い】科学的根拠はなく、スペイン風邪でもマスク着用によって肺炎が増えた事実ともいっちしますね。

 

マスクを通じて呼吸すると、”nebulization effect(噴霧効果)”が高まる

マスクを通じて呼吸すると、大きな粒子サイズのエアロゾルは小さな粒子サイズのエアロゾルになる。小さな粒子サイズのエアロゾルは、粘膜免疫をバイパスしてより深く、肺の肺胞に到達する。

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 窪塚洋介さんは20年は体を洗ってない

  • コロナウイルス対策がインフルを減らした?

  • コロナの感染者が増えるも減るも、Ct値しだい!

  • フッ素入りの水道水は危険!

関連記事

  • ランチ後の眠気と同じ、低血糖症で運転し死亡事故

  • PCR検査で見つかるウイルス

  • なんとファイザーのCEOも自社ワクチンを接種せず!

  • コロナは平等!ワクチンのイスラエルと自粛の日本がほぼかわりなし

  • 中国ではコロナはもう思い出♪

  • 怖くて打てない・国産ワクチン開発の研究者