1. TOP
  2. 健康ニュース
  3. マスクをすると肺炎が増えるのはエアロゾル化するから



マスクをすると肺炎が増えるのはエアロゾル化するから

他人からの飛沫であれば、仮に受けても肺まで脱することは難しい。

でもマスクの編み目によって飛沫が小さくなり、自分の呼吸で繰り返し呼吸をすることで、ウイルスが肺に達するリスクが高まるってことですね。

マスクにウイルスの感染を予防する【質の高い】科学的根拠はなく、スペイン風邪でもマスク着用によって肺炎が増えた事実ともいっちしますね。

 

マスクを通じて呼吸すると、”nebulization effect(噴霧効果)”が高まる

マスクを通じて呼吸すると、大きな粒子サイズのエアロゾルは小さな粒子サイズのエアロゾルになる。小さな粒子サイズのエアロゾルは、粘膜免疫をバイパスしてより深く、肺の肺胞に到達する。

ワクチン接種の前に知っておくこと・・・
【無料メールマガジンの登録はこちら】

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • マグネットチャレンジ

  • ワクチン接種で5日後に死亡!40代女性「子宮から出血」

  • 女がコロナワクチンに騙されるとどうなるのか?

  • コロナワクチンは動物実験もなく、絶賛人体実験中!

関連記事

  • モデルナ製ワクチンのブースター接種で変異株に対する抗体強化

  • しょぼいコロナ変異株で子どもをワクチンのエジキにしないために・・・

  • 最高の病理学者が「コロナはデマ。マスクは無意味」

  • コロナ感染で入院拒否した29人の末路・・・

  • コロナウイルス存在証明の分離がいまだできず・・・

  • 【悲報】二重マスクの残念過ぎる効果