1. TOP
  2. 健康ニュース
  3. マスクをすると肺炎が増えるのはエアロゾル化するから



マスクをすると肺炎が増えるのはエアロゾル化するから

健康ニュース
この記事は約 2 分で読めます。 1,262 Views

他人からの飛沫であれば、仮に受けても肺まで脱することは難しい。

でもマスクの編み目によって飛沫が小さくなり、自分の呼吸で繰り返し呼吸をすることで、ウイルスが肺に達するリスクが高まるってことですね。

マスクにウイルスの感染を予防する【質の高い】科学的根拠はなく、スペイン風邪でもマスク着用によって肺炎が増えた事実ともいっちしますね。

 

マスクを通じて呼吸すると、”nebulization effect(噴霧効果)”が高まる

マスクを通じて呼吸すると、大きな粒子サイズのエアロゾルは小さな粒子サイズのエアロゾルになる。小さな粒子サイズのエアロゾルは、粘膜免疫をバイパスしてより深く、肺の肺胞に到達する。

ワクチン接種の前に知っておくこと・・・
【無料メールマガジンの登録はこちら】

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 世界が拒否する恐怖のワクチン。5-11才接種が日本ではスターティン♪

  • オミクロンで怖がらせるように脅迫!

  • ステルスオミクロンw

  • 【悲報】コロナ重症者は4回接種が76%の衝撃!

関連記事

  • 40歳の5人に1人が心不全の恐怖!

  • 公式にファイザーワクチン文書追加された心筋炎

  • コロナウイルス、お札に7日も生存していた!

  • コロナワクチン接種で乳がんにかかわる副反応が発覚!

  • 【悲報】鳥取のワクチン死・コロナ死者を超える

  • 最高の病理学者が「コロナはデマ。マスクは無意味」