1. TOP
  2. 健康ニュース
  3. 早々にコロナを見破って人の生活を取り戻したタンザニア



早々にコロナを見破って人の生活を取り戻したタンザニア

健康ニュース
この記事は約 4 分で読めます。 469 Views

タンザニアは大統領が科学者と言うこともあって、初期のころからコロナのウソを見破っただけじゃなく、しっかりと国民を守ったというのはすごいですね。

でも正確な統計を提出していないとも言われ、死者も感染者もいません。
そりゃタンザニアが正確な数字を出していないだけとも言えます。

しかしフェイクパンデミックを見破ったのであれば、WHOなどの茶番につきあう理由すらありません。

そうなると、現実的に統計を出していないタンザニアはどうなのか?
ということだけが、重要な情報と言えるでしょう。

恐怖の新型コロナウイルスへの感染症対策を行わない。
ということは、大量の死者が発生し、後遺症はハゲるんでしたっけ?

そんな情報だとしたら、下記のような状況になるでしょうか?

 

 

タンザニアでは、コロナの感染対策として、ワクチンを採用する代わりに伝統的なスチーム療法が推進されている。

薬草を鍋で茹で、その蒸気をサウナのような環境で吸い込む。吸い込んだ蒸気が空気の通り道をきれいにして症状を緩和させる。

Full Steam <del>Ahead</del> Inhalation as Tanzania Fights Covid-19
https://twitter.com/kigogo2014/status/1359255260351655936?s=20

 

タンザニアは、

ロックダウンもマスクも社会的距離も無くてワクチンも拒絶しているけど、社会不安も経済や医療の崩壊も無かった。コロナの影響なし

何もしなかったらどうなるかという見本だ。いずれにしても、致死性が高くて後遺症でハゲてる人が続出するような疫病では隠しておけないだろうからね

 

タンザニアではPCR検査を行うことなく、人々はマスクを着用しなかったが、コロナの封じ込めに成功し、医療の圧迫を防ぐことができた。人々の生活は以前と変わらず平穏

2020年の経済予測も+2.5%のGDP成長というアフリカでも最良の水準だ

ロックダウンやマスクで人々を苦しめた南アは-7.8%の経済崩壊

 

先進国より衛生状態が悪く医療システムも充実していない上、マスクもしないPCR検査もしない国の方が感染拡大してないなんて、先進国、特に欧米での対策が根本的に間違ってるんだよな。
または、どちらかの統計が間違っているかだ。

ワクチン接種の前に知っておくこと・・・
【無料メールマガジンの登録はこちら】

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 自衛隊員ですら75%に副反応のコロナワクチン

  • シンガポールでもワクチン接種しても感染予防にならず

  • ウソだろ!?コロナワクチン・国立感染症研究所からの調査結果

  • 永野芽郁さん、脱水による熱中症もコロナ患者にされる

関連記事

  • 白血病も献血の血液検査で変化をチェック

  • コロナワクチン死、隠蔽カウントでも196名を突破!

  • コロナワクチンの副作用を語るビルゲイツ

  • コロナワクチン・37歳の女性が二週間後に脳溢血で死亡

  • ワクチンが重い疾患や死を完全には予防できない

  • インフルエンザのワクチンの添付文書