1. TOP
  2. 健康ニュース
  3. さすがに副反応に認定!スコットランドの34才の女性



さすがに副反応に認定!スコットランドの34才の女性

健康ニュース
この記事は約 2 分で読めます。 341 Views

なぜ打ってしまうのか。とも思いますが、いろいろな立場があるでしょうけど。
とりあえず医療従事者は希望者のみにして、コロナ脳は完全義務化でいきましょう。

医療従事者が不足してしまっては、本当の医療緊急事態になる恐れがありますから。

 

彼女の名前はSarah Beuckmannさん。スコットランドの34才の女性だ。彼女は、アストラゼネカ社のワクチンを接種後、痛々しい血の水膨れができ、水膨れが合体して閲覧注意、ノーサンクスの状態となった。医師はめでたく、副反応と認定した

ワクチンが効果を示している状態なのだろうな

ワクチン接種の前に知っておくこと・・・
【無料メールマガジンの登録はこちら】

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • あなたはどっち?コロナに感染VSワクチン接種

  • スウェーデンでもコロナワクチン接種の効果は残念な結果に

  • mRNAワクチン発明者、強制接種に反対

  • コロナワクチン接種しても変異ウイルスには効果は期待できず

関連記事

  • コロナワクチン接種開始のエジプトでは・・・

  • 順天堂大学のコロナワクチン副反応症例

  • 子どもへのマスクはご注意を

  • J&Jワクチンも血栓の副反応が深刻で接種中止に!

  • ワクチン無料、副反応の治療は自腹w

  • コロナワクチン接種会場で搬送される人と、それでも接種を望む人々・・・