1. TOP
  2. 健康ニュース
  3. パーキンソン病の新たな原因を大阪大学が発見



パーキンソン病の新たな原因を大阪大学が発見

パーキンソン病の新たな原因を大阪大学が発見

パーキンソン病の新たな原因をパーキンソン病を発見したそうな。
トランス活性化応答因子DNA結合蛋白質-43(TDP-43)の異常蓄積も原因に。
この新物質TDP-43は、mRNAコロナワクチンによるスパイクタンパク質ということらしい。

 

なんやら難しいですが、プリオン病(狂牛病)からALS、そしてパーキンソン病。続々とワクチンとの関係性が明らかになってきてますね。

mRNAコロナワクチン接種後、体内で生成されるのはスパイク蛋白・・・
もちろん、陰謀論であることを願うしかないのですが・・

 

 

 

新しいタイプのパーキンソン病を発見

筋萎縮性側索硬化症や前頭側頭型認知症といった神経変性疾患の病態に関与していることが知られていたトランス活性化応答因子DNA結合蛋白質-43(TDP-43)の異常蓄積により引き起こされるパーキンソン病(PD)の症例を報告

 

 

【阪大がパーキンソン病の新原因物質発見】のNEWSにピンと来た。発見された新物質TDP-43は💉が産むスパイク蛋白原因により凝集が起き脳内に蓄積されるものだった。ALSに続きパーキンソン病も💉としっかり繋がった。MITは💉で重度のパーキンソン病が起きると警告。阪大の発見がそれを裏付ける結果に。

 

 

MITが重大警告 FOXの全米報道
mRNAワクチンの被害は壊滅的
重度のパーキンソン病を引き起こす
-マサチューセッツ工科大学 ステファニー・セネフ博士
Laura Ingraham|米FOX News Channel ※Double Speed

 

 

【繋がった!】阪大がパーキンソン病の新原因物質TDP-43を突き止めたというNEWSにピンときた。
①コロ💉が産生するS蛋白がTDP-43と結合し神経変性疾患や運動ニューロンの細胞死を起こす(引用ツイ)
② コロ💉のS蛋白質が‥TDP-43など凝集しやすいプリオン様タンパク質と結合するhttps://principia-scientific.com/covid-19-rna-based-vaccines-and-the-risk-of-prion-disease-2/

 

 

ALSの爆増は相当まずい。アルツハイマー病、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症 (ALS)など、多くの神経変性疾患がプリオン病の可能性があると言われている。これは微量の異常型プリオン(誤ったタンパク質)でも正常型プリオンを侵食するので大変恐ろしい。

荒川央先生の解説

 

 

 

ワクチン接種の前に知っておくこと・・・
【無料メールマガジンの登録はこちら】

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • パーキンソン病の新たな原因を大阪大学が発見

  • 台湾で感染爆発!コロナ対策成功国から一転・・・

  • 接種後の超過死亡が大爆発・オーストラリア

  • 22歳大学野球部員死亡、教員の懲罰で倒れるも放置で死亡

関連記事

  • 3回接種で抗体45倍になった結果 → 2週間後に感染クラスターwww

  • コロナ脳は【閲覧注意】ウイルス変異株による衝撃の現実!

  • コロナ勝利宣言のイスラエルと緊急事態の東京の「差」

  • 日本で承認のコロナワクチン、ヨーロッパでは全面使用中止!

  • CDCも新型コロナの感染予防対策を変更!

  • mRNAワクチンの解毒に味噌・納豆説