1. TOP
  2. 健康ニュース
  3. ワクチン解毒に納豆!スパイクたんぱく質も納豆に期待!



ワクチン解毒に納豆!スパイクたんぱく質も納豆に期待!

打ったら終わりと思われていたコロナワクチン。
副反応の原因とされるスパイクタンパクが命を削るわけですが。
なんと、納豆菌によって分解されるという研究が発表。
コロナウイルスもってことですから、食べない理由がないですね。

○○を食べれば!なんてのはあまり支持しませんが、コロナワクチンを接種してしまったらそんなことは言ってられません。
少しでも解毒できる可能性を追求して、ワクチンの効果がなくなるまで生き延びましょう。

 

公式には納豆を食べれば良いかどうかはわらない。

本研究は培養細胞を用いた実験であり、納豆を食べることによりSARS-CoV-2の感染を防ぐことができることを示しているわけではありません。

でも納豆くらいならデマだとしても普通に健康によいですし、リスクもないですからね。

 

 

 

【コロナ】納豆菌酵素がスパイクタンパク質を分解することを確認 デルタ株にも有効
(色々出てきますね、皆さん)

 

【コロナ】納豆菌酵素がスパイクタンパク質を分解することを確認 デルタ株にも有効
https://tweetsoku.com/2021/09/26/%e3%80%90%e3%82%b3%e3%83%ad%e3%83%8a%e3%80%91%e7%b4%8d%e8%b1%86%e8%8f%8c%e9%85%b5%e7%b4%a0%e3%81%8c%e3%82%b9%e3%83%91%e3%82%a4%e3%82%af%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%91%e3%82%af%e8%b3%aa%e3%82%92%e5%88%86/

水谷教授は「納豆を食べて感染を防げるかはこれからですが、口の中に納豆があれば口腔(こうくう)内のウイルスは駆逐できます」と話していました。

 

 

納豆抽出液が新型コロナウイルスの培養細胞への感染を阻害することが判明?感染予防対策への貢献に期待?
https://www.tuat.ac.jp/outline/disclosure/pressrelease/2021/20210715_01.html

実験室における培養細胞を用いた実験において、納豆抽出液が新型コロナウイルス(以下、「SARS-CoV-2」*1)や牛ヘルペスウイルスI型の感染を阻害しました。

納豆抽出液に存在すると考えられる蛋白質分解酵素がSARS-CoV-2粒子のスパイク蛋白質を分解し、その結果感染が阻害されることが試験管内の実験結果から推察されました。

納豆抽出液は新型コロナウイルスの変異株である英国型(アルファ型)のスパイク蛋白質も試験管内の実験で分解することがわかりました。

 

 

 

ワクチン接種の前に知っておくこと・・・
【無料メールマガジンの登録はこちら】

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • コロナだけじゃない!悲惨なワクチンでの薬害歴史

  • コロナワクチンは判断力テスト?

  • モデルナワクチン心筋炎や心膜炎の副反応で厚労省も動く

  • 3回目が本番か!コロナワクチン接種の結果・・・

関連記事

  • ワクチン死355名が急死もテンプレの因果関係なし!

  • 子どももマスクで健康を失わないために・・・

  • 子宮頸がんワクチン接種直後に少女が死亡(イギリス)

  • 認知症で1万6927人の高齢者が行方不明で最多を更新!

  • 狂気!ファイザーとモデルナのmRNAワクチンの怖さ

  • 死亡者85名!止まらないコロナワクチンの副反応による惨劇