1. TOP
  2. 健康ニュース
  3. 岡本真夜 チョコレート嚢腫



岡本真夜 チョコレート嚢腫

健康ニュース
この記事は約 2 分で読めます。 363 Views
岡本真夜さん語る「チョコレート嚢腫」

岡本真夜さんがチョコレート嚢腫に。

 

 

チョコレート嚢腫とは

チョコレート嚢腫とは、卵巣にできる内膜症のこと。
卵巣の中に古い月経血がたまり、チョコレート状の液体なって激痛を生み出すとのこと。

 

 

放置すると?

岡本真夜さんの場合は、激痛により病院へかつぎ込まれたそうです。

すぐに検査すると、嚢腫が破裂していることが判明、して緊急手術。
全身麻酔で2~3時間。

腹腔鏡手術でお腹に3カ所小さい穴を開け、破裂によってお腹の中に流れ出てしまったドロドロしたものを取り除いたそうです。

 

 

予防法は?

もちろん症状、違和感があったら病院でしょう。

でも岡本真夜さんは、予防を心がけるようになったそうです。

 

心掛けているのは「腸活」だそうです。
ほかにも玄米や野菜を積極的に食べたり、パウダー状の米ぬかをヨーグルトやジュースに入れるなど乳酸菌の接種ですね。

 

反応も上々なようで、腸の動きが活発になりお通じがすごく良くなったそうですよ。

まぁ便秘などの症状自体が不健康ですから、腸内環境に気を遣うのも大切ですね。

 

 

ワクチン接種の前に知っておくこと・・・
【無料メールマガジンの登録はこちら】

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

岡本真夜さん語る「チョコレート嚢腫」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • ワクチンが重い疾患や死を完全には予防できない

  • マスクが感染を拡大させる理由になっとく!

  • 【実録】コロナワクチン接種の24歳の看護師さんによる副反応の体験談!

  • 子どももマスクで健康を失わないために・・・

関連記事

  • コロナワクチンで集団感染!リトアニアの医師

  • 八千草薫 膵臓がん

  • ドイツのマスク着用義務化でわかった、大切な子どもにマスクをしてはならない理由!

  • スウェーデンのワクチン被害は4人に1人!

  • 27歳の看護師も死亡!コロナワクチンの悲惨な現実

  • 中国ではコロナはもう思い出♪