1. TOP
  2. 病気・症状
  3. イベルメクチン コロナウイルス

イベルメクチン コロナウイルス

 2020/06/04 病気・症状
この記事は約 4 分で読めます。 213 Views
コロナ治療薬一覧表

SNSで詳しい人がプッシュするイベルメクチン。
アビガンしか聞いたことないわ、なんやねん???

 

wiki先生によると。

2019新型コロナウイルスの治療薬としての研究

2020年4月4日、オーストラリア南東部メルボルンのモナッシュ大学の研究チームは、イベルメクチンに2019新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を抑制する効果があったと発表した。

1回量のイベルメクチンで同ウイルスの複製を48時間以内に止めることができた。今後、臨床試験を行い、できるだけ早くCOVID-19(新型コロナ肺炎)の治療薬として応用したいとしている。

 

抗寄生虫薬のイベルメクチンに死亡率を下げる効果があるとする報告を、アメリカのユタ大学などの研究チームがまとめた。

※^ Amit Patel (2020年4月19日). “Usefulness of Ivermectin in COVID-19 Illness”. SSRN. 2020年5月1日閲覧。

報告によると、人工呼吸器を使用する必要があった患者のうち、イベルメクチンを使用しなかった患者の死亡率は21.3%だったが、使用した患者の死亡率は7.3%と約3分の1にとどまった。

 

さらに、患者全体でのイベルメクチンを使用した場合の死亡率は1.4%で、使用しなかった場合の死亡率8.5%と比較して約6分の1に抑えられたという。

チームは「入院日数を減らす効果もある。さらに研究が必要だが、治療方法の一つとして検討する材料にはなる」としている。

 

2020年5月6日、北里大学は、イベルメクチンについて、新型コロナウイルス感染症の治療薬として、承認を目指す治験を実施すると明らかにした。同意を得た患者に投与し、症状の改善効果や副作用の有無などを確かめる。

 

 

 

 

コロナ】ノーベル賞大村教授のイベルメクチン 体重50kg1回4錠で十分効く アフリカで3億人飲んで副作用ゼロ アビガンは残念薬

http://rejapan.blog.jp/archives/1077459364.html

 

『コロナ撲滅へ期待! ノーベル賞・大村教授のイベルメクチン』ご本人も太鼓判 週刊新潮 2020年5月21日号掲載

https://www.dailyshincho.jp/article/2020/05220800/

 

そもそもイベルメクチンは、細胞レベルの実験ではデング熱や日本脳炎、HIVなどのウイルスに有効だということが以前から分かっていました。抗がん作用もあるという報告もあるほどで、まさしく“ミラクルドラッグ”なのです」

 

「アビガンやレムデシビルは、残念ながら重篤な副作用が報告されています。
一方でイベルメクチンは、アフリカなどで年間約3億人に使われて失明を防いでいますが、いまだ重い副作用の報告はありません」

 

 

解釈まとめ

抗寄生虫薬のイベルメクチンがコロナに効果あり!
すでにアフリカで3億人が服用したのに、重大な副作用なし!
しかも1錠3mgでたった671円!

 

確かにアビガンなんて散々たる結果。
SNSでも情報網がショボかったり詳しい人とつながりがないと、アビガンを予防に!なんてトンデモ話もありましたよね。

 

まぁお金の事情もありますから、知らない人間にはハイリスクローリターン、だけど儲かるものを選んでもらいましょう。 ちなみにころなですら、99.85%は寝てれば治るそうですよ。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

コロナ治療薬一覧表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 救急搬送の患者、マスクを外しただけで回復傾向へ

  • インフル患者がコロナの感染対策で消滅!?

  • WHOがマスク着用を促す目的は庶民を”従順”にさせるため

  • HPVワクチンで子宮頸がんリスク大幅低下のカラクリ

関連記事

  • なぜコロナ対策で成功した国はマスク着用を強制しないのか?

  • マイクロバイオーム

  • マスコミにカモられないPCR検査の基礎知識

  • PCR検査で陽性でも感染とは言えない理由

  • ワクチン詐欺がネタバレ!イギリス政府の秘密文書が公開

  • 血糖値スパイク(グルコーススパイク)の予防と対策