1. TOP
  2. 健康ニュース
  3. 【悲劇】ワクチンデマに騙されて接種した人の悲しい未来・・・



【悲劇】ワクチンデマに騙されて接種した人の悲しい未来・・・

なんと、コロナワクチンの効果は半年持たず、一生ワクチンを打ち続けないとよりウイルスによって重篤化することが明らかに。
ADE(抗体依存性感染増強現象)によるもので、とんでもないリスクですね。

あ、来年あたりからコロナワクチン接種は有料化になるそうです。
毎回ロシアンルーレット、発熱や倦怠感などの副反応を自腹で購入し続ける必要があるかもしれませんね。

こういうニュースこそデマであって欲しいのですが、続報に期待しましょう。

 

 

📕デマに騙された国民。

⭕️2回打てば94%感染しない。もし罹っても重症化しない👍
⭕️打った国は感染収束。
コロナ禍終わらせる為に打とう👍
↓ ↓
✖️効果は2ヶ月で半減、半年で消滅
✖️再摂取しないとより重症化
生涯打ち続けるしかない⁉︎
✖️摂取国だけ感染爆発
✖️打つとデルタでADE
✖️健康被害

 

【最重要】ワクチンの効果は半年。再接種しない場合は通常よりも重篤化。一度打ったら生涯の定期接種を
https://tweetsoku.com/2021/08/17/%e3%80%90%e6%9c%80%e9%87%8d%e8%a6%81%e3%80%91%e3%83%af%e3%82%af%e3%83%81%e3%83%b3%e3%81%ae%e5%8a%b9%e6%9e%9c%e3%81%af%e5%8d%8a%e5%b9%b4%e3%80%82%e5%86%8d%e6%8e%a5%e7%a8%ae%e3%81%97%e3%81%aa%e3%81%84/

 

国立国際医療研究センターの発表

ファイザー社のワクチンの抗体のレベルが2ヵ月ほど(68日)で半減し、
6~7ヶ月後にはもうその有効性が分からない程度に失われてしまう。

なお、ワクチンが切れるとより重篤化する模様」

 

抗体がつくられても重症化がひどくなるのはどうしてなのでしょう?

悪玉抗体は抗体依存性感染増強現象(ADE)を起こしてしまいます。
特に重症化する人は抗体ができているのだけれども善玉抗体が働くよりも悪玉抗体がメーンになって免疫細胞まで感染させてしまいます。

 

抗体量も上がっていくのですが、ウイルスの数は減らず、感染は広がり、重症化が進んでしまいます。

 

 

 

ワクチン接種の前に知っておくこと・・・
【無料メールマガジンの登録はこちら】

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【CDC公式】コロナワクチン副反応が大爆発中!

  • ワクチン接種で感染クラスター!さらにリスクどーん!

  • 3日で4万5千人のワクチン死を隠蔽!弁護士が米国連邦政府を提訴!

  • 愛知でもコロナワクチン2回接種でコロナ死!

関連記事

  • インドの医師がワクチンに2回接種で死亡!

  • 子宮頸がんワクチン接種直後に少女が死亡(イギリス)

  • スウェーデンでもコロナワクチン接種の効果は残念な結果に

  • コロナ スウェーデン

  • コロナワクチン中に酸化グラフェンはデマ?

  • マスクの実験にはプラセボすらない不思議