PR

ファイザーワクチン接種でガン患者が増加・ベルギー

健康ニュース
続々と副反応の不幸が明らかになるコロナワクチン。 ベルギーではガン患者の増加まで確認。 ワクチン接種者の異常な健康被害、調査が必要でしょう。 色々調べて気づけた人、自分の人生に感謝しましょう。 騙されて接種した人は気の毒ですが、初めから打たせて殺すのが目的ですからね。    
ベルギーでの新しい症例 ファイザーのブースタを接種して14日後、癌(非ホジキンリンパ腫)が急速に進行した(自然経過では極めて予想外)
Rapid Progression of Angioimmunoblastic T Cell Lymphoma Following BNT162b2 mRNA Vaccine Booster Shot: A Case Report
Since nucleoside-modified mRNA vaccines strongly activate T follicular helper cells, it is important to explore the poss...
結論 「この観察は、ファイザーワクチン接種がAITL(血管免疫芽球性T細胞リンパ腫)の急速な進行を誘発する可能性を示唆する」 ↓↓
 
コロナワクチンは、重症化予防の為、肺でのサイトカインストームの発生を抑えるように免疫抑制を行っているのでその分、癌ほかのリスクが発生するという警告が有りますね。