本ページはアフィリエイト広告・プロモーションが含まれています

コロナワクチン接種で11歳女児死亡でも「小児用ワクチン」と報道

健康ニュース

コロナワクチン接種で11歳女児死亡でも「小児用ワクチン」と報道

ぶっちゃけ重い疾患があったそうで、この件はすべてが副作用とは言えないでしょう。
しかし「小児用ワクチン」とコロナワクチンを隠蔽する報道。
死亡者が「初」の報告とマスコミの虚偽報道は目に余りますね。

 

 

「小児用ワクチン」接種後に11歳女児死亡 死亡報告は初|テレ朝news-テレビ朝日のニュースサイト (何回も言うが、打って亡くなっも国は責任取らない。特に若い子は感染しても死ぬこはまずない。討死。 )

 

 

とうとう子供用💉で11歳女児が死亡。
「厚労省の専門部会は情報不足などによりワクチンと死亡の因果関係は評価できないとしている」
そもそも情報不足の治験中💉を打たせておいて卑怯千万💢。基礎疾患のある子供にこそ情報不足のものは打つべきでない。

 

 

「初」とは?

「小児用ワクチン」接種後に11歳女児死亡 死亡報告は初

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

厚生労働省は5歳から11歳用の新型コロナワクチンを接種した11歳の女の子が死亡したと発表しました。小児用ワクチンを接種した後に死亡が報告されたのは初めてです。

 

 

この報告ですら、医師は拒み厚労省は承認しない。
そんななか遺族が諦めずに達成した成果です。

因果関係を認めさせても死者は戻ってきません。
すでに医師や専門家に騙されコロナワクチンでコロされた人は数知れず。

しかしこれからの犠牲者を1人でも減らすことになるのです。