1. TOP
  2. 健康ニュース
  3. ファイザーワクチンで遺伝子組み換えスパイクたんぱく生成からシェディングの悲劇



ファイザーワクチンで遺伝子組み換えスパイクたんぱく生成からシェディングの悲劇

 2022/09/03 健康ニュース
この記事は約 7 分で読めます。 52 Views

ファイザーワクチンで遺伝子組み換えスパイクたんぱく生成からシェディングの悲劇

 

遺伝子組み換えまで確認された、ファイザーのコロナワクチン。
半永久的にスパイクタンパク質が作られるリスク。

ついに接種者の皮膚から接種によるスパタンも確認。
ADEそしてシェディング・・・

 

以前から一部の専門家が発信していた”陰謀論”、”反ワクのデマ”が、またまた現実に。

ただワクチンは35種類のロットで分けられているとのことなので、接種で絶望せずに解毒するしかないですね。

35種類、あなたはどれだ?コロナワクチン35種類を確認!

 

 

スパイクたんぱくの生成が短期間で終了するかもしれないし、mRNA自体に問題があって機能しない可能性もある。未知の免疫力が発動するかもしれません。

 

副反応によってワクチン後遺症に苦しむ人も、いろいろ情報収集して試すしかないですね。
薬害の被害を訴えつつ、自分の免疫力をキープできるように。

具体的でなくてもうしわけないですが、私が詳しくないだけでなく、成分も非公開。
そりゃ医者に相談しても否定されるか、認めても対処法がわからないのですから。

 

 

実験だけだった遺伝子組み換え

査読済みの論文。これが人間の体内で起こったら半永久的にスパイクタンパクを作り続けることになる。

 

 

 

接種者の皮膚からスパイクたんぱく!

皮膚の病変から
ワクのS蛋白質を検出。
.
皮膚の病変から、ワクチンのS蛋白質が検出された(高知大学)。免疫から破壊されず、どの細胞からもコードされたS蛋白質が長期間にわたって産生される証だ。「S蛋白質はすぐに分解される」含め、ぜんぶ嘘だったんですよ。
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/epdf/10.1002/cia2.12278

 

 

 

粘膜幹細胞に💉のmRNAが逆転写されてしまったのでしょうか!?😱😱

「粘膜細胞層が強く茶色になっているというのは変な話。粘膜細胞はかなりの頻度で入れ替わるためこれが9カ月後に染まるというのは普通ありえないことです」
https://doctors4covidethics.org/vascular-and-organ-damage-induced-by-mrna-vaccines-irrefutable-proof-of-causality/

 

 

 

シェディングの原因か?

シェディングの恐ろしさ🥶
被曝もあるでよ🔥🔥🔥🔥🔥

 

 

 

私たちは皆、好むと好まざるとにかかわらず「ワクチン」を浴びています。接種者が、呼吸するたびに、動くたびに。フィリップ博士の最新の研究でも、未接種者の血中にワク毒が発見されています。シェディングは、100%起こっています。
https://peterhalligan.substack.com/p/we-are-all-vaccinated-whether-we

 

 

 

 

mRNAコロナワクチン接種で遺伝子組み換え。
長期に渡りスパイクたんぱく質を体内で生成。

スパタンは皮膚から放出されるので、周りの人に影響を及ぼす。
これが本当ならば、未接種者も他人事ではありません。

むしろ未接種者は情報を入手でき、判断ができた人。
共通の問題だと思って取り組み解決できたらいいのですが。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

ワクチン接種の前に知っておくこと・・・
【無料メールマガジンの登録はこちら】

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • ファイザーワクチンで遺伝子組み換えスパイクたんぱく生成からシェディングの悲劇

  • コロナはのど飴で十分!無意味なマスクや逆効果のワクチンも不要!

  • コロナワクチン後遺症を認めるのは『正義感』を持った医師

  • コロナワクチンを打つほど感染拡大・サイエンスに査読済み論文

関連記事

  • 【悲報】コロナワクチン重症化も予防効果なし・・・

  • コロナワクチン2回目接種の副反応で両足切断・・・

  • コロナワクチンの壮絶な被害状況・欧州医薬品庁(EMA)

  • 偽陽性でも感染者にカウント!インチキPCR検査の水増し手口!

  • 【悲報】mRNAコロナワクチンで遺伝子組み換えが証明!

  • サージカルマスクのインフルエンザ予防効果ナシ