本ページはアフィリエイト広告・プロモーションが含まれています

オーストリア州議会で危険なワクチン接種の代わりに氷浴を推奨

オーストリア州議会で危険なワクチン接種の代わりに氷浴を推奨 健康ニュース

オーストリア州議会で危険なワクチン接種の代わりに氷浴を推奨

FPO(オーストリア自由党)のクリストフ・ルイサー議員が冷水浴を推奨。
ご自身は予防接種もせず、免疫力アップにおすすめだそう。

たしかに成分非公開の薬害ワクチンより、実績のある健康法の方が安心。
ヴィム・ホフ法なんてのが確立されていて、ジョコビッチも冷水習慣があるとは!

冬でも冷水習慣のある私にとっては、そりゃそーだ!という内容。
わかりみが深すぎる・・・

 

さすがに氷浴や冷水は万人には会わないのでは?なんて思ってしまいます。
でも超一流となると冷水の習慣があったりするんですよね。

ちなみにアントニオ猪木さんが糖尿病を治したのも、氷風呂。
ザコは当然否定するが、なぜか一流人は選択する。

 

ただ向き不向きがハッキリしそうなので、一流以外はよく調べてからチャレンジしましょう。

 

 

ワクチン接種の代わりに氷浴を推奨

オーストリアでは、ワクチンの信用がなくなり、議員は、コロナワクチン接種の代わりに氷浴を推奨している。

議員の話
「私はワクチン接種を受けておらず、これからもそうし続ける。免疫システムを鍛える最良のトレーニングは、大自然の中で爽やかに泳ぐことである。ぜひ皆さんも試してみることをお勧めする」

 

 

 

ヴィム・ホフ法? – 世界中で何百万人もの人々が実践しています。
もちろん、すべてはドナウ川で氷風呂に入ったクナイプに遡ります。私はイベルメクチン:-)にもっと依存しています。今日のアポでも、彼らはパクスロビッドよりも効果があることを認めました。

 

 

 

そして、何が問題なのでしょうか?誰もが自分が何をしているのかを知らなければなりません。そして、私自身の経験から報告できるように、コロナワクチン接種は間違いなく効果がありません。去年は3回ワクチン接種したにもかかわらず、コロナに2回(!!!!!)かかりました。

 

 

ジョコビッチやミランダ・カーも実践する呼吸法「ヴィム・ホフエクササイズ」のやり方をイラストで解説

ジョコビッチやミランダ・カーも実践する呼吸法「ヴィム・ホフエクササイズ」のやり方をイラストで解説 (1/1)| 介護ポストセブン
一般的に、成人が1日に呼吸する回数は約2万~3万回、およそ20㎏もの空気を吸い込んでいるという。しかし、質の悪い呼吸を繰り返すことは、健康を害する原因になりかねない。現代人の潜在的なパワーを引き出すため、“超人”の呼吸術が求められている。そこで、今注目のヴィム・ホフさん(63才)が考案した呼吸法を紹介する。 (1/1)

ヴィムさんは「アイスマン」と呼ばれており、北極圏での素足のハーフマラソンの記録や、氷が敷き詰められた浴槽での入浴時間など、“極寒”に関連する20ものギネス世界記録を保持している、世界一寒さに強い“超人”だ。

 

 

The Ice Man takes a cold dip – Inside the Human Body: First to Last – BBC One