1. TOP
  2. 病気・症状
  3. PCR検査自体が危険!検査場所がきまり痛みを伴う理由



PCR検査自体が危険!検査場所がきまり痛みを伴う理由

病気・症状
この記事は約 2 分で読めます。 100 Views

恐怖のPCR検査! 【PCR検査の本当の目的】 の続編ですね。

【PCR検査自体が危険!】綿棒の先にナノ技術の金属デバイス、放射性物質が付いていた!!

https://ameblo.jp/sunamerio/entry-12643929245.html

 

同僚2人が検査に行き、未開封の検査キットを持ち帰りました。
それらを研究室で調べてみたところ、『ナノ技術の金属』が含まれていることが分かりました。

金属が混入されている検査キットは『磁石に吸い付き』ます。
だからもし検査キットを手にする機会があれば、磁石を当ててみてください。そうすれば、金属が混入したものか、無害なものかが分かるでしょう。

 

これが本当であれば、PCR検査に意味があるという情弱からエジキになるという悲惨な結末。

勉強不足、仲間不足、幸運不足。なしなしづくしの人からPCR検査でカモられていくんですね。

 

感染力の高いウイルスの有無を調べるのに、わざわざ痛い思いをするほどキズをつける必要がある。

東大や富岳が「飛沫」で研究しているなら、ウイルスの検査も「飛沫」で十分でしょう。

 

そしてなぜか奥の同じ場所。飛沫や唾液にウイルスが含まれるなら、唾液で十分。実際にありますしね。

でもそれじゃぁ、PCR研鑽の本当の理由が達成されないということか・・・

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 子どものマスク使用にはあらゆる副作用・ドイツ調査

  • 長崎県医師会 会長もマスクで新型コロナウイルス感染

  • マスクがウイルスの感染を拡大させるのは飛沫が小さな粒子となるから

  • マスクの残念な効果と失う健康・バンクーバーの医師

関連記事

  • 新型コロナウイルスを証明できない厚労省

  • 最強のウイルス対策はビタミンD!

  • 【悲報】ピンクリボン運動は乳がんの予防とは関係なかった

  • ペルーの悲惨な感染状況を招いた、マスク着用にロックダウンのお約束

  • イギリスのコロナは感染するリスクは100万人あたり44人/1日

  • エクソソーム コロナウイルス