1. TOP
  2. 健康ニュース
  3. コロナウイルス、お札に7日も生存していた!



コロナウイルス、お札に7日も生存していた!

健康ニュース
この記事は約 3 分で読めます。 553 Views

まぁキャッシュレス推進なんでしょうね。もう設定がメチャクチャすぎる。
7日ってマスクと同じくらいの期間ですから、去年から明らかになっていることですからね。

なぜ今まで隠していたのに、急に公開したのか?
先日の「マスクしてても屋外で感染」もマスクのちゃぶ台返しですし、大きな変化があるのかもしれませんね。

残っているコロナウイルス対策の勝ち残りは、手洗いくらいでしょう。

【コロナウイルスの残存期間】
7日で消える!ではなくこの研究では、7日までしかチェックしなかったそうな。

 

 

CDCがウイルスが接触感染する確率は1万分の1より小さいと発表。
アルコール消毒も1日1回で十分。  【CDC・接触感染は1万分の1】

飛沫感染ではなく、【エアロゾルで感染】  エアロゾルは10m以上、30m程度は広がるとのことでソーシャルディスタンスに効果がないことも明らかに。

 

日本は1密でも危険!  マスク飲食が必要!なんて言ってますが、世界ではどんどんコロナが終了して、正しいと思われていた感染症他作が誤りだったことも事実として確認されてるんですね。

 

去年は玉川このヤロー!なんて言われてたのに、玉川さんの方が正論。
もうテレビのコメンテーターの方が事実ベース、正しい科学的根拠をもってしまっている。日本政府、どうしちゃったんでしょうね。

 

 

最初からそう言えよ、西村よぉ?
こっちは去年の夏から解ってんだ💢

 

玉川徹氏、西村大臣のお札のウイルス1週間生存発言に疑問「何を急にこの話を?よく分からない」
https://news.yahoo.co.jp/articles/e59d1f13430427b1c9c68854314541d31288b6e9

 

西村康稔経済再生相が3日に出演したTBSの番組で、紙幣に付着したウイルスは約1週間、宅配の段ボールで約1日生きているとし、触れた場合の手洗い、消毒を徹底することを呼びかけたことを伝えた。

玉川徹氏は「確かに生きているかもしれないですけど、アメリカのCDCが接触をすることで感染をするというのは1万分の1よりも小さいという結果を指標として出している

一番気をつけなければいけないのは、飛沫(ひまつ)感染よりもっと小さいエアロゾルという口からの感染の方が圧倒的大きい

ワクチン接種の前に知っておくこと・・・
【無料メールマガジンの登録はこちら】

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 世界が拒否する恐怖のワクチン。5-11才接種が日本ではスターティン♪

  • オミクロンで怖がらせるように脅迫!

  • ステルスオミクロンw

  • 【悲報】コロナ重症者は4回接種が76%の衝撃!

関連記事

  • やるね韓国!コロナワクチンの副反応を公式に認める!

  • 8割接種のシンガポール・コロナ対策失敗の代表国へ転落・・・

  • ワクチン強制接種は違法!拒否の看護師が裁判で勝利!

  • コロナワクチンの効果の無さは抗体激減でも明らかに

  • ファイザーのコロナワクチンの安全性・アメリカの第一弾

  • 3回目が本番か!コロナワクチン接種の結果・・・