1. TOP
  2. 健康ニュース
  3. mRNAワクチン接種開始でどうなる!?



mRNAワクチン接種開始でどうなる!?

 2021/06/06 健康ニュース
この記事は約 21 分で読めます。 932 Views

人類史上初のmRNAワクチン。
個人的にはただの風邪でしかない新型コロナウイルスとは違って怖いのですが、世界の評価はどうでしょうか?
ちなみにコロナ算なので統計上は、ワクチンで死ぬ人はいませんw

だって因果関係は、常に不明なのである。
でもPCR検査が「陽性」なだけでコロナ死にはするけどねw

 

Dr.苫米地 ヒトに初めて実用化接種されるmRNAワクチンとは

 

ファイザー社製の新型コロナワクチン「コミナティ」の接種対象が12歳まで引き下げられたので、mRNAワクチンについて小6・中学生にもわかってもらいたく「はたらく細胞」の二次創作で説明してみた。

 

 

mRNAワクチンが体内に入ると?

BLOOD.Before VAX. (Right Top)After VAX. (Right Bottom)
「米国ネバタ州の女性の投稿、写真の翻訳

私には栄養顕微鏡学者の友人がいます。 彼女はその分野の専門家であり、私を大いに助けてくれました!

彼女には、いわゆる Vax を受け取って、無料の分析に来てほしいと依頼する多くのクライアントがいたのです。 彼女の恐ろしさに、これが彼女が見たものです!

右上の写真は、vax前の完全に健康な細胞です。 細胞の進行は、次の数日間で劇的に変化しました!

右下の写真(白スペック)は血液中に現れる異物ナノ粒子です! あなたの体は決してデトックスできず、最終的にこれらの粒子はあなたの体のすべての細胞に入ります!!!

私の友人は、血を理解しているので、これに泣いています! これに対する反響は、その人の残りの人生に影響を及ぼします!!!
この実験的ワクチン接種は人道に対する罪です!!!

(左の文の翻訳)Fully Shared from Kei Ohtsu.

 

 

スパイクたんぱく質が病原だった

ワクチン製作者たちは、何を見逃し(Terrible Mistake)、何を隠蔽したのか。
その答え。

要旨:「見逃し」:スパイクたんぱく質は、血液中に入ると、血小板や《血管の上皮細胞と結合》し、血液凝固や内出血、心臓障害、脳《血栓などを引き起こす》病原となってしまう。

「隠蔽」:製薬会社も認可した機関も、動物実験の段階で、ワクチンとそれによって作られるスパイクたんぱく質が血流に入って、内蔵に深刻な被害を与えるということを知っていたのにも関わらず、そのデータを隠蔽していた。

「■見逃したもの。
スパイクタンパク自体の毒性。
【スパイクたんぱく質が病原だった】

新型コロナワクチンを開発した科学者たちは恐ろしい間違いを犯した。ワクチン製作者であるバイラン・ブライドル博士が語った。

「科学者たちは間違いを犯した。彼らはスパイクたんぱく質がターゲットになる抗原だと思ったのだが、それが毒素だった。スパイクたんぱく質は、体内の多くの内臓へ移動していき、深刻な害を引き起こしてしまう」と博士は語りました。

ワクチンは、細胞がスパイクたんぱく質を作るようにするものなので、つまり毒物が身体の中で作られ続けることになります。ワクチンがこれほどの被害を引き起こすのは、このためなのではないかということです。

「スパイクたんぱく質そのものが、血管や神経を侵す問題の原因なのです。ウィルスではありません。接種されたスパイクたんぱく質は、三角筋に残り、近辺のリンパ節に入り、免疫反応を起こさせると当初は考えられていました。しかし、日本で行われた新しい生体内分布の調査で、ワクチンとスパイクたんぱく質の行く先を調べたのです。すると、接種から数日以内に血液中に入り、脾臓、脳、骨髄、肝臓、副腎などに蓄積し、特に卵巣には高濃度で蓄積することがわかりました。

スパイクたんぱく質は、もし血液中に入ったら、血小板や血管の上皮細胞と結合し、血液凝固や内出血、心臓障害、脳血栓などを引き起こす病原なのです。

この調査の結論は、「私たちは大きな間違いを犯した。今までそのことに気づかなかった」「スパイクたんぱく質こそはターゲットになる抗原だと思っていて、まさかスパイクたんぱく質そのものが病原のたんぱく質だとは知らなかった」「ワクチンにより、私たちは人々に毒素を接種してしまっている」ということです。

■何が隠蔽されたのか?
製薬会社で行われた動物実験の結果が日本の行政機関からリークしたということでした。
情報開示の法律に基づいて要請したところ、開示されたものをブライドル博士たちカナダのチームが手に入れたということです。

つまり、製薬会社も認可した機関も、動物実験の段階で、ワクチンとそれによって作られるスパイクたんぱく質が血流に入って、内蔵に深刻な被害を与えるということを知っていたのにも関わらず、そのデータを隠蔽していたということですね。」
《写真》
Audio from a radio show has emerged wherein Dr. Byram Bridle reveals the scientists behind the COVID-19 “Vaccine” made a terrible mistake.
According to the Doctor, who cites a brand new, peer-reviewed research study out of Japan “They made a mistake – they thought the spike protein was a great target antigen, only to discover it is a toxin, that can travel to many organs of the body, causing severe damage.”
WORSE, the spike proteins generated by mRNA vaccines don’t stay in the shoulder muscle, but spread to the brain, heart, ovaries, etc.
They also know that the spike protein is what causes the damage with COVID—and now it is clear how it is causing so much damage in other parts of the bodies of the vaccinated.
From the video below Dr. Bridle on why the vax injuries are happening:
Spike protein, on its own is the cause of the vascular, neurodegenerative, problems, not the virus.
In the original theory it stay’s in deltoid, goes to local draining lymph node, activates immune system.
But a new bio-distribution study from Japan tracked the vax and spike proteins.
It gets into the blood within days of vax, accumulates in spleen, brain, bone marrow, liver, adrenal glands, with high concentrations in ovaries.
Spike protein is a pathogenic toxin that causes damage if in circulation, binds to platelets, epithelial cells of blood vessels, clotting, bleeding, heart problems, brain blood clotting.
Conclusion is “We made a big mistake, and didn’t realize it till now.” “We thought the spike protein was a great target antigen but never knew the spike protein itself was a pathogenic toxin protein.” “By vaccinating people we are inadvertently inoculating them with a toxin.”
Give ear to this 8 Minute video. If this Doctor is correct, and if the peer-reviewed report (HERE) is accurate, almost everyone who took the vaccine is going to be dead very soon because their own bodies are now manufacturing the very spike protein which is a Toxin that will kill them.
The spike proteins generated by both the mRNA vaccines don’t stay in the shoulder muscle, but spread to the brain, heart, ovaries, etc. They also know that the spike protein is what causes the damage with Covid—and now it is clear how it is causing so much damage in other parts of the bodies of the vaccinated. ”
《写真》
激しい自己反省
「まさかスパイクタンパク自体がTOXINだとは、夢にも思いませんでした。ごめんなさい」ワクチン製作者であるバイラン・ブライドル博士

 

 

人間のDNAに(永久的に)組み込まれる

 

はい、ここまで踏ん張ってきた、マスメディアの皆さん、もう観念しましょうね。
「mRNAワクチンによる遺伝子改変(逆転写)は、人間のDNAに(永久的に)組み込まれる。」
Source:MIT→Stanford
原著論文は、写真の通りです。タイトル、英語読めますか?
「SARS-CoV-2 RNA reverse-transcribed and integrated into the human genome」
これ以上どストレートなタイトルは難しいですね。
さて、あなた方(全てのマスメディア)、どこまで巻き戻しますか?
惚けてないで、少なくとも昨年の大統領選まではしっかりね。
え、まだまだ、ワクチン、打たせんの?

本当にあなた方って、スポンサー想いなんですね。呆れるわ。
(またまた、一億総玉砕ですか・・・
少しは、学習しろよ。AI(Deep Learning します)に、 置いてかれるで。)

*mRNAの逆転写はDNAに組み込まれる。

ファイザーは、そのようなことは決してないと言っていた。全てのMSMは、それをアホのように復唱していた。
全ての世界トップの専門学者(ノーベル賞、日本賞受賞者クラス、開発者のトップ、重要な発見、発明を行なったウィルス、ワクチン関係研究者の全て。)はそれを否定していた。

Summary
Prolonged SARS-CoV-2 RNA shedding and recurrence of PCR-positive tests have been widely reported in patients after recovery, yet these patients most commonly are non-infectious1–14. Here we investigated the possibility that SARS-CoV-2 RNAs can be reverse-transcribed and integrated into the human genome and that transcription of the integrated sequences might account for PCR-positive tests. In support of this hypothesis, we found chimeric transcripts consisting of viral fused to cellular sequences in published data sets of SARS-CoV-2 infected cultured cells and primary cells of patients, consistent with the transcription of viral sequences integrated into the genome. To experimentally corroborate the possibility of viral retro-integration, we describe evidence that SARS-CoV-2 RNAs can be reverse transcribed in human cells by reverse transcriptase (RT) from LINE-1 elements or by HIV-1 RT, and that these DNA sequences can be integrated into the cell genome and subsequently be transcribed. Human endogenous LINE-1 expression was induced upon SARS-CoV-2 infection or by cytokine exposure in cultured cells, suggesting a molecular mechanism for SARS-CoV-2 retro-integration in patients. This novel feature of SARS-CoV-2 infection may explain why patients can continue to produce viral RNA after recovery and suggests a new aspect of RNA virus replication.
Re-Shared Comment:

公開前だが、フルペーパーのpdfは、こちら:https://www.biorxiv.org/…/2020.12.12.422516v1.full.pdf

 

 

 

ワクチンを接種したら避妊しなくていい

それでは赤ちゃんができてしまうのでは? つまり・・・https://www.jmedj.co.jp/journal/paper/detail.php?id=16564

 

今後の治療を進めるべき理由を探しているなかで、気になるキーフレーズが。
「mRNAワクチンの接種後に長期の避妊は不要です」
どうしてもワクチン接種前に妊娠したいし、摂取するとしても妊娠十二週後にしたい。だから、この夏には妊娠する。

 

 

世界のmRNAワクチン

日本だと効果あり!リスクなし!の医療関係者の投稿が目立つのですが、海外だとちょっと風向きがだいぶ違いますね。

 

ノルウェーで3万人の高齢者に実験的なmRNAワクチンを接種してみたら、100人が亡くなってしまった
オスロ大学の専門家が調査したら

ワクチンで
10人は早死にした可能性が濃厚
26人も因果関係が疑われ、早死にした可能性がある

59人は、ワクチンと死亡の関係は無さそう
5人は不明
という結論となった

 

 

1700 per 50.000 jongeren hebben hartklachten en een infectie aan het hart gekregen van het #Pfizer vaccin in Israël blijkt uit de cijfers. Dit spuitje is ook dus zeer schadelijk voor jongeren! #SpikeProtein #gentherapie #mRNA
によるオランダ語からの翻訳
若者の 50,000 人あたり 1,700 人が、#Pfizerイスラエルのワクチン、数字が示しています。この注射器は若者にも非常に有害です。#SpikeProtein#gentherapie#mRNA

 

“Przerażające badanie ujawnia, że ​​nanocząsteczki #mRNA zawarte w szczepionce krążą po całym ciele: w mózgu, sercu, wątrobie, jajnikach, jądrach i nie tylko”
#BIAŁKOKOLCA #SPIKEPROTEIN #HEALTHRANGERA 2021-06-02 https://afinalwarning.com/524187.html

によるポーランド語からの翻訳
「恐ろしい研究により、ナノ粒子が#mRNAワクチンに含まれる脳、心臓、肝臓、卵巣、精巣など、体全体に循環します」
#BIAŁKOKOLCA
#SPIKEPROTEIN
#HEALTHRANGERA 2021-06-02
https://afinalwarning.com/524187.html

 

It Was #INTENTONAL! NOT A ‘big mistake’!!!

#mRNA #COVID ‘Vaccine researcher admits ‘big mistake,’ says spike protein is dangerous ‘toxin’!

“The protein is linked to blood clots, heart and brain damage, and potential risks to nursing babies and fertility”
による英語からの翻訳
そうだった#INTENTONAL! 「大きな間違い」ではありません!!!

#mRNA#COVID 「ワクチン研究者が「大きな間違い」を認め、スパイクタンパク質は危険な「毒素」だと言う!

「このタンパク質は、血栓、心臓や脳の損傷、授乳中の赤ちゃんや生殖能力への潜在的なリスクに関連しています」

 

#mRNA en #DNA vaccins dwingen je lichaam om het zeer inflammatoire C19-eiwit te produceren. Dit veroorzaakt waarschijnlijk grote schade: gevestigde auto-immuunziekten zoals reumatoïde artritis, lupus, de ziekte van Crohn en alle andere. Dit zorgt ook voor nieuwe. Ramp in de maak.
によるオランダ語からの翻訳
#mRNAそして#DNAワクチンは、体に炎症性の高い C19 タンパク質を強制的に生成させます。これは、関節リウマチ、狼瘡、クローン病などの確立された自己免疫疾患など、大きな損傷を引き起こす可能性があります。これはまた、新しいものを作成します。作成中の災害。
引用ツイート

 

まだ、あれこれ言う奴がおるので、
「Reverse-transcribed SARS-CoV-2 RNA can integrate into the genome of cultured human cells …」な、
最終稿、公表版を上げておきます。
(査読も済んでます。査読者も明記。)
タイトル:
「Reverse-transcribed SARS-CoV-2 RNA can integrate into the genome of cultured human cells and can be expressed in patient-derived tissues」
著者:
Liguo Zhanga, Alexsia Richardsa, M. Inmaculada Barrasa, Stephen H. Hughes, Richard A. Younga,, and Rudolf Jaenischa,
所属:
Whitehead Institute for Biomedical Research, Cambridge, MA 02142;
HIV Dynamics and Replication Program, Center for Cancer Research, National Cancer Institute, Frederick, MD 21702; and cDepartment of Biology, Massachusetts Institute of Technology, Cambridge, MA 02142
査読者:
Contributed by Rudolf Jaenisch, April 19, 2021
(sent for review March 29, 2021; reviewed by Anton Berns and Anna Marie Skalka)」
フルペーパー最終確定出版済み版pdf:さ・よ・な・ら。
(少しはプロなら自分で調べよ、世話やけ過ぎ)

クリックしてe2105968118.full.pdfにアクセス


その第一ページ。

ワクチン接種の前に知っておくこと・・・
【無料メールマガジンの登録はこちら】

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • ワクチン接種で感染クラスター!さらにリスクどーん!

  • 3日で4万5千人のワクチン死を隠蔽!弁護士が米国連邦政府を提訴!

  • 愛知でもコロナワクチン2回接種でコロナ死!

  • 陽性率が26%増加!コロナワクチンの現状を報告するウエストバージニア州知事

関連記事

  • 日本で承認のコロナワクチン、ヨーロッパでは全面使用中止!

  • 青いマスクに注意!中国製マスクの90%から有発癌性物質

  • 北朝鮮すらコロナワクチンは受け取り拒否!

  • ワクチンで集団免疫が成功したことはナシ!

  • 感染爆発の原因はコロナワクチン接種が原因だった!

  • HPVワクチンが無知な女学生を狩りのターゲットへ